南伊豆/下賀茂温泉について

入浴効果

・静水圧により、全身の血液、リンパの流れが良くなります。

・浮力により、水の中でいつも使わない筋肉を比較的楽に動かせます。

・温熱効果一体の芯から温まります。
(37度~39度のぬるめのお湯で長く入るほうが効果的です。)

・広い浴室、浴槽はリラックス効果が高まります。
同じ時間入浴しても大きいお風呂に入った方が保湿効果もアルファ波も多く発生いたします。
また、広い空間の方が、マイナスイオン効果が長く存在します。

・ストレスがたまった時、運動不足ぎみの時は、ぬるめのお湯に長く入りましょう。
再度ぬるめのお湯につかり、徐々に熱くしていき、サッと出るのがおすすめです。

・温水中の運動は、鎮痛効果、筋肉のリラックス効果、など運動効果が絶大です。

・寝湯は心臓にあまり負担のかからない入浴法です。

・入浴後は疲れるので30分くらい休憩をとり、水分とミネラルを補給することをお薦めします。
(ミネラルウォーターなどを300~400ミリリットル補給しましょう。)

半身浴のすすめ

・心臓の下、みぞおちくらいの深さで入浴します。

・額や、鼻の頭に汗が出るくらいの時間入浴すると効果があります。

・冷え性、腰痛、足のむくみにお悩みの方はお試しください。


宿泊希望日|空室検索

PAGETOP